占いをするなら有名な当たる占い師に見てもらいましょう。

移り変わりのある事柄を占うなら「卜」がおすすめなので是非お試しください!

悩み事に怯えている女性のイメージ

占いの中には様々な種類がありますが、大きく分類すると4種類に分かれていると言われています。その中の一つに「卜(ぼく)」と呼ばれるジャンルが存在しています。

普段あまり聞き慣れない言葉ですが、「卜」とはどのような占いのジャンルなのでしょうか。

「卜」に分類される占術とはどのようなものか

「卜」は霊的な力や能力、タイミング、運等が関係している占術の事を言います。その為、この占い当たるととても感じられる方と、そうではない方に分かれる事も多いようです。

この「卜」では例えば、タロット占い、ルーン占い、断易、おみくじ、等が挙げられ、普段の占いの世界では比較的身近な存在が多いのではないかと思います。

「卜」に含まれる占術は占い当たる!と思える事が多いのか

タロット占いやルーン占いは、占い師の能力に左右される所が大きいと言えます。また、その他おみくじ等はまさに運だめしと言う感じで、占いの一種には数えられますが、悩みを解決する為に占うと言う性質とは少し違うような気がします。

「卜」に適している占いの内容とは

まさに今現在の悩みや、近い未来の事がらについて、占う事に適していると言える占術だと思います。その中でも人の気持ちや考えのように移り変わりのある事柄に対して占ってもらうには最適だと言えるでしょう。

ですが的中率については、前述したように占い師の能力による所がありますので、もしも「卜」のジャンルで占いをするなら当たると有名な占い師を選ぶようにすると良いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ